理想の空間作り

あなたは今自分が理想としていた家に住めていますか?実は理想の家に済むということは思っている以上に難しいことです。例えば1LDKじゃなくて3LDKの部屋に住みたいといったような間取りの問題があったり、洗濯物が乾かない、植物が育たないといった日当たりの問題があったり、さらには服が溢れかえっている、クツをいれるところがないといった収納の問題など、自分が思い描いていた理想の暮らしとはほど遠い生活をしているといった人も多いと思います。そのタイミングで実はインテリアコーディネートを見直すだけで、理想の暮らしに一歩近づく事ができるのです。インテリアコーディネートは本で勉強をすることも出来ますし、コーディネーターとして活躍する人からアドバイスをもらってもいいでしょう。または理想とする暮らしの真似をして家具の配置を変えたりすることも有効的です。

インテリアコーディネートは空間把握が何よりも重要だとされています。どこに今余っている空間が存在していて、どこを改善することで部屋が大きく変わるのかを把握する必要があります。インテリアコーディネーターは色彩についても把握してるので、家具の色をこのカラーにすることで部屋が広く見えるといったような視覚に関するアドバイスもくれるため、非常に役立ちます。実際に買ってみて合わなかったらどうしようという心配がある場合は、あらかじめシュミレーターを利用して完成した配置を思い描いてみましょう。